フケの原因

フケの原因

フケと脱毛症の関係性は、大きいです。もちろん、直接フケが脱毛症を起こしているということはありませんが、フケが出ているということは、頭皮が何らかの以上をきたしているということになります。頭皮が何らかの以上を起こしているということは、それだけ脱毛したり薄毛になってしまうということが多いのです。「最近、フケが出てきたな」と感じている人は、早急に対応する必要があります。

 

フケは、古くなった頭皮の角質です。簡単にいえば「いらなくなった皮膚」です。頭皮の新陳代謝が活発になると、このような古い角質は洗髪と共に洗い流されるのですが、新陳代謝が弱っていたり、頭皮の状態が不安定になっていると、頭皮に残ってしまい、その後、フケとして目に見えるようになるのです。フケは、見た目にもあまり気持ちのよいものではありません。

 

フケが及ぼす逃避への影響

これは、フケの種類にもよります。フケには2種類のモノがあり、乾燥性のものと脂性のものです。横溝正史の小説の金田一耕助が頭を掻くと、フケがパラパラと落ちてくるというのを知っているでしょうか?このようなフケは乾燥性のもので、鷹などに乗っているようなふけはこのタイプです。頭皮への影響として気をつけるものは「脂性のフケ」です。これは頭皮にへばりついているようなもので、毛穴を塞いでしまうことや、頭皮が皮膚炎になってしまうことがあります。こうなると、脱毛が進むだけではなく、皮膚科の診断を受け、治療するということになってしまいます。

 

このようなフケの症状は、シャンプーと頭皮ケアで収まることがあり、最近では自宅で行なっているという人も多いです。フケについて、何らかの以上を発見した場合は、早急に解決することが必要です。