抜け毛の原因

抜け毛の原因とは何か

抜け毛の原因はどこにあるのか?

 

抜け毛はそもそもどうして起こるのでしょうか。
それについて考えていきましょう。

 

抜け毛は、実は、生活習慣などにまったく問題がなくても起こります。それが、「遺伝」や「加齢」を原因とするものです。

 

ハゲが起こりやすい遺伝子は、母方から受け継ぐと言われています。もっとも、「お母さん」は女性であるため、ハゲになりやすい遺伝子を受け継いでいたとしても、薄毛になる可能性は低いと言われています。そのため、見るべきは、母方の祖父や男兄弟などです。

 

加齢による薄毛は、程度の差こそあれ、誰にでも見られるものです。

 

 

それ以外のリスクについて

 

上記のような原因は、自分自身ではどうしようもありません。そのため、「自分で対策出来る原因」を知り、対策を講じる方が現実的です。

 

薄毛の原因はいくつかありますが、食生活の乱れは頭皮に悪影響を及ぼします。油分ばかりの食事や、野菜が極端に少ない生活、ドカ食いや深夜の夜食などは控えるようにします。
また、煙草も、血行の促進を妨げるため、危険因子となります。

 

「ストレスがどれほど影響を及ぼすか?」ということについては、まだ見解が分かれています。ただ、どの意見でも、「ストレスは髪の毛によくない」と言われているので、ストレスのない生活を送れるようにします。